Top > 節電取り組み

・節電取り組み

<節電対応>

 3月11日に発生した東日本大震災の影響による電力不足を補うため,東京電力管内では大幅な節電を求められています。湘南藤沢キャンパスでも、この社会的要請に応えるため、さらには、先進的なエコ キャンパスづくりへ と挑戦していくため、教職員や学生諸君の知恵と積極的行動が強く期待されます。このお知らせや様々な情報を参考にして,この夏の節電などの取組 みに主体的に御参加下さい。

1、節電対象期間

 7月1日~9月22日の間で平日の9:00~20:00が国が定めた節電対象期間となります。これ以外の期間も節電を心掛けてください。

 

2、節電目標値

 義塾の方針として昨年夏季の使用最大電力量の20%以上を削減しなければなりません。

 

3、照明器具

 研究室などの部屋が無人となる時には必ず消灯してください。また,可能な場合は消灯利用してください。スタンドを使用して部屋の照明を消灯する事も有効な方法です。教室については退出時に消灯するか,残留者に消灯するよう指示してください。

 体育館の各室は日中,消灯利用を原則とします。照明を点灯する必要がある場合は,アリーナは1階のマスタールームに申し出てください。また,剣道場・柔道場・トレーニングルームは各室で点灯できますが,使用後は消灯してください。

 廊下・階段・ロビーなどは支障のない範囲で消灯していますが危険だと思われる場合には事務室総務担当(管財)に連絡してください。各所の照明器具の管球を間引いています。利用に支障のある場所や,まだ間引ける場所がある場合は事務室総務担当(管財)に連絡してください。

 

4、空調設備

 大学院棟やサーバールームなどを除き冷房の運転時間は平日(授業相当日7/10・7/18・7/24を含む)および土曜日の8:00~21:00です。ただし外気温が低い場合には停止する事があります。教室・共同研究室などの部屋が無人となる時には必ず停止してください。また,部屋を使用中も可能な場合は停止してください。サーバールームなどを除いて冷房は28℃以上で設定してください。運転風量は出来るだけ低速にしてください。扇風機などで部屋の温度を均質化する事も有効な方法です。

 

5、エレベーター

 日中は,通常通り使用できる状態ですが,物品の運搬や体の不自由な方が使用するなどの場合を除いて使用は控えてください。

 

6、自動扉

 強風時や冷房効率の向上を図る場合を除いて電源を切っていますので手動で開閉してください。

 

7、PC関連

 席を離れる場合はシャットダウン・休止状態・スタンバイなどの節電状態としてください。 使用しているPCマニュアルなどを参考にして省エネ設定をしてください。プリンタなどの附属機器は使用時に電源を入れ,使用後は停止してください。

 

8、その他電気器具

 支障のない範囲で使用時に電源を入れ,使用後は停止してください。また,可能であればコンセントからプラグを抜いて待機電力を抑制してください。

 

9、熱中症対策

 熱のこもりにくい服装を心掛け水分を十分取ってください。体調がすぐれない方は本館2階のウェルネスセンターにご相談ください。

 

10、非常事態

 皆さんの協力にも関らず,国に定められた使用できる電力の限度を超えてしまう恐れのある時には,順次以下の措置を取る場合があります。ただし,電気使用量の低下に伴って順次,回復します。

・自動販売機の一部または全てを停止する事があります。

・エレベーターの一部または全てを停止する事があります。

・空調機器の間欠運転または全面停止する事があります。

・店舗食堂の一部または全てを閉店する事があります。

・施設の一部を使用停止とする事があります。