Top > 井戸水を利用した打ち水

・お知らせ

2011/07/12 水撒きしませんか

夏の電力使用量で最も多いのは空調用ですが,外気温が低ければ,この負荷を 減らす事ができます。打ち水などで地表面の温度を下げる事は誰でも簡単にできて有効な方法ですが,一方で「水道水」は浄水・送水でたくさんの電力を使用します。SFCでは井戸水で上水の90%を賄っていますが,この井戸水を利用して電力をあまり使用せずに熱くなった地表面温度を下げる試みを開始しました。学生ラウンジ横に井戸から接続した散水ホースと1tのタンクを設置し,また,如雨露・バケツ・柄杓を購入して徐々にですが散水を始めています。節電本部ではこの水撒きをしてくれる方を募集しています。やってみたい方,お手伝いいただける方はこのホームページの「お問合せ」にあるアドレスにメールで連絡するか,本館(Α館)1階の総務担当(管財)においでください。ホースでの水撒き→係員の操作が必要ですので希望日時をお知らせいただき,日程調整をします。如雨露・柄杓での水撒き→総務担当(管財)で貸し出します。平日の9:00~15: 00においでください。学生ラウンジ脇のタンクから水を汲み出して水撒きをお願いします。